東京汐留のパーソナル ボディメンテナンスLUCE.

LUCE Blog

【ダイエット中に注意したい食材 ②加工食品】

こんにちは。
ダイエット・マスターの菊池亜紀です。
 
【ダイエット中に注意したい食材】
②加工食品
加工食品とは、食品になんらかの加工を施したものであり、その種類は、水産練り製品・肉加工品・乳加工品・嗜好食品・調味料・菓子類・冷凍食品・レトルト食品・缶詰食品・インスタント食品等、多岐にわたります。
加工食品には大量の添加物が含まれているものが多く、また中毒性の強い糖質、脂質、さらには発がん性物質なども多く添加されている物もあります。
添加物などの異物を身体に多く摂り込むと、身体は異物を排泄しようとします。異物を排泄するのに内臓がフル稼働するので脂肪を燃やす代謝が落ちます。代謝が落ちると痩せにくくなるのです。
加工食品はお肌や髪にも良くないですし、摂りすぎは健康を害することも…ダイエット中に限らず、加工食品は避けたい食品ですね。
どうしても食べたい時は、天然の物以外は入っていない物を選びましょう。
 
加工食品①.jpg
加工食品②.jpg
 
 
 
 
以上、ダイエット・マスター菊池亜紀でした。
 
 
LUCE.
パーソナル ボディメンテナンス
 
LUCE.ホームページ
http://www.luce-pbm.com
 
”いいね!”をお願いいたします!
LUCE.Facebookページ
https://www.facebook.com/luce.pbm
 
菊池亜紀公式ブログ
http://ameblo.jp/aki-kikuchi/
 
ご予約・お問合せ
03-5777-2981
luce.pbm@gmail.com
 
営業時間:7:00-23:00
不定休

【ダイエット中に注意したい食材 ①揚げ物】

みなさま、おはようございますsun

ダイエットマスターの菊池亜紀ですhappy01

【ダイエット中に注意したい食材】

①揚げ物

揚げ物は、総じて高カロリーです。食材が油を吸収するのと、衣がたくさんの油を吸収するためです。衣が厚くなればなるほど油の吸う量は多くなります。ダイエット中は揚げ物は厳禁!でも、我慢し過ぎると逆にストレスを感じてドカ食いなどの原因に…ということだけは避けたいです。ダイエット中、揚げ物をどうしても食べたくなったら、次のようにしてみて下さい。

 

(1)脂肪の吸収を妨げる食材と一緒に食べる。

最初に、脂肪の吸収を妨げてくれる野菜から食べてましょう。それからクエン酸や辛味成分は代謝を活発にしてくれる働きがありますので、レモンをかけて食べたり、梅干しやからしやわさび、しょうが、ネギなどと一緒に食べるようにしましょう。

 

(2)油を選ぶ。

まずは、揚げる油を選びましょう。日本のスーパーで多く売られているサラダ油。これはおすすめしません。なぜなら、サラダ油は、加工精製度が高く、品質の悪い大豆油など何種類かの油が混ざっていますし、そして「トランス脂肪酸」が含まれているからです。このトランス脂肪酸を過剰摂取すると動脈硬化を促進させ、それに伴う心臓疾患や脳血管障害、またアトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎、気管支ぜんそくなどのアレルギー疾患のリスク要因になると指摘されています。さらに血中の中性脂肪を増やし、肥満や高血圧、そして糖尿病の原因にもなると考えられています。アメリカでは「プラスチック食品」「狂った脂肪」などと呼ばれ、含有量表示が義務付けられており、食品医薬品局(FDA)は摂取規制も行っているのです。

おすすめは、「オリーブオイル」や「ココナッツオイル」、「グレープシードオイル」や「アボガドオイル」です。

 

(3)少ない油で揚げる。

焼くときよりも少し多め、食材が少し浸る程度の油を、フライパンに入れる“揚げ焼き”の方法を利用して低カロリーに抑えましょう。

 

(4)大きめのサイズで揚げる。

素材の表面積が大きいほど高カロリーになります。 その理由は、油が素材に張り付きやすいからです。 油が素材に触れる面積が大きければ、その分の油が素材に付いて高カロリーになってしまいます。

 

(5)パン粉は薄くつける。

衣はたくさんの油を吸いますので、衣はできるだけ薄い方が良いです。衣の量を減らすためには、材料の水気を十分にとっておきましょう。パン粉も細かいものを選びましょう。また、生パン粉よりも乾燥パン粉を選んだり、パン粉の量を減らすために、粉チーズや青ジソなどを刻んで入れるとより低カロリーになります。

 

(6)余分な油をきちんと落とす。

揚がった食材は縦に置く、また金網ではなくキッチンペーパーの上に置く事でしっかりと油を切りましょう。

 

*揚げ物はできれば月に2回まで。それ以上は控えて下さいね。

トンカツ.jpg

以上、ダイエット・マスター菊池亜紀でしたheart04

 

LUCE.

パーソナル ボディメンテナンス

<LUCE.ホームページ>

http://www.luce-pbm.com

”いいね!”をお願いいたします!

<LUCE.Facebookページ>

https://www.facebook.com/luce.pbm

<菊池亜紀公式ブログ>

http://ameblo.jp/aki-kikuchi/

*ご予約・お問合せ*

03-5777-2981

luce.pbm@gmail.com


【何を食べるか?ダイエットにおすすめ食材】まとめ

みなさま、こんにちはsun
 
ダイエットマスターの菊池亜紀ですheart04
 
 
【ダイエットにおすすめの食材】 まとめ
①野菜
<ダイエットの強い味方の野菜>
レタス、トマト、アスパラガス、キャベツ、きゅうり、大根、白菜、ブロッコリー、ほうれん草、アボカド
 
②キノコ類
<ダイエットの強い味方のキノコ>
エノキダケ、マッシュルーム、しめじ、キクラゲ、エリンギ、舞茸
 
③海藻類
わかめ、昆布、もずく、ひじきなど。
 
④大豆・大豆食品
大豆、豆腐、納豆、豆乳、おから、がんもどき、ゆば、きな粉、油揚げなど。
 
⑤発酵食品
味噌、醤油、納豆、ヨーグルト、チーズ、キムチ、ぬか漬け、たくあん、鰹節など。(日本酒、焼酎、ビール、ワインも発酵食品です。)
 
⑥肉
特にラム肉、牛の赤身、豚肉、鶏肉の胸肉(皮を取る)・ささみ
 
 
以上が、ダイエット中におすすめ食材でした。
 
反対に、ダイエット中は、出来る限り、控えるようにしたいのが次の食材です。
 
【ダイエット中に注意したい食材】
①揚げ物
②加工食品
③砂糖たっぷりの甘いお菓子
④スナック菓子
⑤白米のご飯や麺類・パンなどの炭水化物
⑥挽肉
⑦いも・かぼちゃなどの根菜類
⑧大豆以外のマメ類 
⑨ドライフルーツ
 
①、②、③、④は、厳禁です!
普段、①、②、③、④をよく食べているという方は、これらをやめるだけでダイエット効果が表れます。
⑤、⑥、⑦、⑧、⑨は少量にするようにして下さい。
 
ではなぜ、これらの食材を注意していただきたいのか、次回、お伝えしていきます。
 
 
以上、ダイエット・マスター菊池亜紀でしたhappy01
 
 
LUCE.
パーソナル ボディメンテナンス
 
LUCE.ホームページ
http://www.luce-pbm.com
 
LUCE.Facebookページ
”いいね!”をお願いいたします!
https://www.facebook.com/luce.pbm
 
菊池亜紀公式ブログ
http://ameblo.jp/aki-kikuchi/
 
 
ご予約・お問合せ
03-5777-2981
luce.pbm@gmail.com
 
 
 
 
 
 
 
 



TEL03-5777-2981☆当店は完全予約制です
☆電話でのご予約・お問合せは当日も承っております